【海外ワールド日本語解説】昆虫とサバイバル生活!?『World of insects』【マーケットプレイス】windows10・スマホPE・Switch(統合版)

【海外ワールド日本語解説】昆虫とサバイバル生活!?『World of insects』【マーケットプレイス】windows10・スマホPE・Switch(統合版)
【海外ワールド日本語解説】昆虫とサバイバル生活!?『World of insects』【マーケットプレイス】windows10・スマホPE・Switch(統合版)

可愛すぎる!全57種の動物・モンスターをペットにできるワールド『MOB・PETs(モブペット)』

動画

誰でも簡単にかくれんぼできるワールド「Camo Hide&Seek」はコチラ☆

「World of insects」とは

 

30種類もの昆虫や小動物と一緒にサバイバルをして楽しめる世界。ヨーロッパに実際に生息する虫の解説書を集めて回るゲーム!

 

製作者

Odd Blocks

金額

660(マイクラコイン)

概要

小さくなっちゃった! このサバイバル スポーンでは、バグや動物でいっぱいの、

巨大化したヨーロッパの森を探検してください。

仲間にできる生き物を飼いならして、危険な昆虫を回避しよう!

– 1000 x 1000 の手作りマップ

– 発見できる昆虫は 30 種類 – 彼らの外観や行動について学ぶために 5 冊の本を見つけよう!

– 5 種類のオリジナル BGM トラック

– バニラモブはいませんので、Minecraft の新たな楽しみ方を見つけましょう

・言語

英語

・スキン

・テクスチャー

昆虫の3Dテクスチャー有り。

・アドオン

なし

・ゲームモード(初期設定:変更可)

サバイバル

・ルール

イージー

 

解説・遊び方・使い方

こちらでは、基本的な解説・遊び方・使い方などの情報をまとめていきます。

昆虫の世界をサバイバルして楽しもう!

およそ2cmほどの身長に小さくなった設定で作られたワールドを生き延びましょう!

 

〇 説明書「world of insects」≪スポーン地点の小屋≫

〇 動物書「animals」≪スポーン地点の小屋≫

  1. European Tree Frog  ヨーロッパアマガエル
  2. Gudgeon セイヨウカマツカ

ワールド存在する虫についての本を5つ集めよう!

● 1巻≪あなたから2歩

  1.  大きなラズベリーアブラムシ Amphorophora idaiei
  2. 血まみれの鼻のカブトムシ Timarcha Tenebricosa
  3. ブリムストーン ヤマキチョウ
  4. Firebug 蛍 Pyrrhocoris apterus
  5. スジコナマダメイガ phest akuehn ella
  6. 旧世界のアゲハチョウ Paplio machaon

● 2巻≪2つの海の間にある大きな孤独な岩

【海外ワールド日本語解説】昆虫とサバイバル生活!?『World of insects』【マーケットプレイス】windows10・スマホPE・Switch(統合版)
【海外ワールド日本語解説】昆虫とサバイバル生活!?『World of insects』【マーケットプレイス】windows10・スマホPE・Switch(統合版)

  1ナガコガネグモ

このクモは腹部に印象的な黄色と黒のマーキングを示しています。 蜘蛛は夜明けまたは夕暮れにらせん状のオーブウェブを作ります。通常、地面より少し上の草に長く、約1時間かかります。

彼らは獲物を噛み、麻痺する毒を注入します。オスの平均体長は約4.5mm、メスの平均体長は15mmです。生存のヒント:より速く走るようにしてください。

 2アオハダトンボ

全長48mm、後ろ翼長36mmの大型イトトンボです。体は、時期や場所に応じて、メタリックブルー、ブルーグリーン、または両方の色の組み合わせにすることができます。

彼らは通常、開かれた田舎にある運河や泥だらけの底の静かな川で見られます。それはユーラシアの種です。生存のヒント:良い時間を待ってください:彼らはしばしば空中で数秒で止まります。

 3ザトウムシ

ザトウムシは、体のサイズに比べて非常に長い脚を持っていることで知られています。 表面的にはクモに似ており、しばしばクモと誤認されますが、クモとは密接に関連していません。

このザトウムシはイギリスとヨーロッパ中に広く行き渡っています。通常、森や湿気の多い場所、そして庭にも見られます。 小さな虫やあらゆる種類の植物材料や菌類を食べます。 サバイバルのヒント:幸いなことに、あなたは彼には大きすぎます。

  4てんとう虫

ヨーロッパで最も一般的なテントウムシです。鞘翅は赤い色ですが、7つの黒い斑点があります。 成虫のナナホシテントウは体長10mmに達することがあります。

その独特の斑点と魅力的な色は、明らかに捕食者にとって魅力的ではありません。それは一般的にそれが食べるためのアブラムシがいるところに住んでいます。生存の秘訣:Elytraは保護用の翼ケースです。それは何か他のものを保護することができます。

  5クワガタムシ

この巨大なクワガタムシは長さ9cmです!オスは下顎が大きく、メスよりも大きいです。これらの大きな下顎は、敵をつまんだり、つかんだり、追い出したりするために使用されます。

これは、西ヨーロッパで最も有名なクワガタムシの一種であり、 IUCNによって準脅威としてリストされています。サバイバルのヒント:その目…その目は暗い真珠のように見えます…

 6カマキリ

カマキリという名前は、最初の足のペアが祈りの姿勢のように見える独特の姿勢に由来しています。 それは大きな目と動きの速い獲物を捕らえて拘束するのに非常に効率的な最初の足のペアを備えた非常に可動性のある三角形の頭を持っていました。

女性は男性よりも大きく、交尾後または交尾中に男性を食べます。生存のヒント:遅いが致命的です。いつ攻撃されるかはわかりません。

 7スパイクシールドバグ

この略奪的なシールドバグの長さは13.5mmで、一般的に明るい茶色から暗い茶色で、赤い触角と脚、背中に2つの紛れもないとげのような突起があります。大人とニンフは他の昆虫の幼虫を食べますが、大人とニンフの両方が吸う植物からの樹液。

北アフリカやイギリス諸島から中国にかけて見られます。生き残りの秘訣:それにとって、あなたは巨大な幼虫のように見えます。

● 3巻≪背水のひびの入った切り株の下

【海外ワールド日本語解説】昆虫とサバイバル生活!?『World of insects』【マーケットプレイス】windows10・スマホPE・Switch(統合版)
【海外ワールド日本語解説】昆虫とサバイバル生活!?『World of insects』【マーケットプレイス】windows10・スマホPE・Switch(統合版)

 1イエバエ ムスカドメスティカ

成虫は灰色から黒色で、わずかに毛むくじゃらの体で、一組の膜状の羽があり、目は赤い。成虫のハエは通常2〜4週間生きますが、冬の間は冬眠することがあります。イエバエは有機物の分解とリサイクルに重要な役割を果たします。大人は主に肉食性です。

主な食物は動物性物質、腐肉、糞便ですが、牛乳、糖質物質、腐った果物や野菜も消費し、日和見的な血液供給源になる可能性があります。

 2エゾゲンゴロウ ゲンゴロウモドキ

大型のゲンゴロウです。幼虫は60mmまで成長できますが、成虫は通常35mmです。彼らは背中が暗く、腹部と脚が怒鳴っています。それはヨーロッパと北アジアに自生し、特にイギリスで一般的です。彼らは飛ぶことができ、通常は夜に飛ぶ。

彼らは月明かりの反射を使って新しい水源を見つける。生存の秘訣:このカブトムシは小魚を含む多種多様な獲物を狩る。

 3蚊 アカイエカ

淡い茶色から淡い茶色の蚊で、腹部に明るい縞模様が飾られています。長さは7mmで、人間の血液を消費する椎骨の血液で構成されていますが、鳩や鳩などの鳥の血液を好みます。

夏の終わりと秋のシーズンの初めには、ネクターなどで生活します。脂肪を蓄えるための甘い食物源。生存の秘訣:それは一度、時々刺す。

 4アメンボ ヒメアメンボク

それは細くて細長い、暗褐色で6本の足を持っています;最初のペアは短くてずんぐりしていますが、他の2つのペアは細くて細長いです。最初のペアの足はその祈りを保持するために使用され、真ん中のペアはバグを推進します漕ぐ動きのある水面と、後足のペアが舵として使用されます。

この種は、水面で昆虫やその他の小さな無脊椎動物を狩ります。サバイバルのヒント:あなたは彼のために大きくなります。

 

● 4巻≪枯れ木のてっぺん、裂け目の上

【海外ワールド日本語解説】昆虫とサバイバル生活!?『World of insects』【マーケットプレイス】windows10・スマホPE・Switch(統合版)
【海外ワールド日本語解説】昆虫とサバイバル生活!?『World of insects』【マーケットプレイス】windows10・スマホPE・Switch(統合版)

 

   1 ムカデ

これは一般的なヨーロッパのムカデで、長さ18〜30 mm、幅4 mmまでで、栗色です。 ほとんどのリソビイドと同様に、それは土壌の上層、特に岩や腐敗した丸太の下に見られます。

それは捕食者であり、その主な食事は、クモ、ナメクジ、ワーム、ハエなどの昆虫や無脊椎動物で構成されています。 サバイバルのヒント:速くて抵抗力があるので、避けるべきです。

  2 ハサミムシ

その名前は、広げられたときの後翼の独特の外観に由来します:人間の耳。色は赤褐色で、体は平らで細長いです。オスは大きくて非常に湾曲したペンチを持っていますが、メスはまっすぐなペンチを持っています。

花、果物、木の隙間などの暗い場所で昼間を過ごし、夜は植物から小さな昆虫まで食べます。スカベンジャーと見なされます。 サバイバルの秘訣;それは彼らが成熟するまでその若者を保護します。彼らは潜在的な味方である可能性があります。

 3蛾

オオチョウバエまたはケントモカとも呼ばれるこの灰色がかった茶色の蛾は夜に飛ぶ。翼幅は31mm。

ヨーロッパからトルコ、アゼルバイジャン、トルクメニスタンまで見られます。 幼虫はスモモを食べます。 サバイバルの秘訣:無害、それは食物の源になります。

 4セゲストリドクモ セゲストリアフロレンティーナ

均一な黒色で、雌は22mm、雄は15mmまでの体長に達することができます。口の部分は鋏角と呼ばれ、印象的な緑色を反映しています。彼らはしばしば建物の割れ目で管状のウェブを回転させます。

獲物がウェブをトリガーすると、クモはすぐにそれを捕まえ、チューブの中で後退してそれを食べます。彼らは蛾やゴキブリなどの夜行性の昆虫を狩ります。サバイバルのヒント:身長が2cmのとき、その噛みつきは痛みを伴い、非常に有毒です!

 5オカダンゴムシ

不快虫、お芋虫、オカダンゴムシ、ずんぐりむっくり、スレーター、アリジゴク、または大工は、ヨーロッパで広く見られるワラジムシ科です。 18mmの長さに達する可能性があり、邪魔されるとボールに転がることができます。 それはその行動を通してその温度を調節することができ、温度が低いときは明るい日光を好みますが、温度が高いときは影にとどまります。

 

● 5巻≪第2巻の反対側

【海外ワールド日本語解説】昆虫とサバイバル生活!?『World of insects』【マーケットプレイス】windows10・スマホPE・Switch(統合版)
【海外ワールド日本語解説】昆虫とサバイバル生活!?『World of insects』【マーケットプレイス】windows10・スマホPE・Switch(統合版)

 1トビイロケアリ

一般的なトビイロケアリの長さは最大5mmで、作業員は濃い光沢のある黒です。コロニーが古くなるにつれて、作業員のサイズは世代を超えて大きくなります。 それはヨーロッパ全体と南北アメリカ、アジア、オーストラリアのいくつかの地域で見られます。

コロニーのサイズはまれに最大40,000匹に達することがありますが、平均で6,000匹です。女王は最大15年、労働者は最大4年生きることができます。生存のヒント:アリはとても社会的で保護されています。

 2イタリアンビー

イタリアの蜂蜜はコロニーに社会的に住んでいます。ミツバチはエネルギー源として蜜を食べたり、タンパク質や栄養素のために花粉を食べたりするのに適しています。 ほとんどの花粉は幼虫の餌として使われます。

ミツバチは花を受粉するため、生態学的に重要です。巣箱に到達するために飛んでいる間、他の花に花粉を落とします。生存のヒント:ミツバチが脅威を感じた場合、攻撃者を噛む可能性がありますが、ミツバチが誰かを刺すと死にます。

 3バッタ

触角は非常に長く、体の長さの3倍に達することもあります。オスは36mmまで、メスは42mmまで成長します。それは肉食性で樹上性であり、その食事は主にハエ、イモムシ、幼虫で構成されています。それは昼夜を問わず活発です。

彼らは可能な限り飛ぶことを避ける傾向があります。ほとんどの場合、彼らは「徒歩」で移動したり、ジャンプしたり、茂みや木々を移動したりします。

サバイバルの秘訣:その脚は印象的なジャンプを可能にします。

 4緑のカメムシ

大きさは14mmで、夏の間は青銅色から緑がかった茶色に色が変化します。 緑のカメムシは、ヨーロッパ全体で、そして庭を含む多種多様な生息地で非常に一般的なカメムシです。 樹液を食べ、
特にリンゴやナシの木を高く評価します。害虫と見なされます。 サバイバルのヒント:無害ですが、脅迫されていると感じると悪臭を放ちます。

 5ハチ

大きさは約17mm、黒く鮮やかな黄色です。 虫歯の中や上に灰色の紙の巣を作るのは、とても社交的なハチです。 このハチの並外れた適応スキルにより、非常に湿度の高い地域から、庭や人間の構造物などの人工環境まで、さまざまな生息地に生息することができます。

サバイバルの秘訣:ミツバチとは逆に、ハチは刺してもその後死ぬことはなく、非常に危険です。

 6ジクロナ

ブルーシールドバグとも呼ばれ、8mmの大きさです。ボディは均一にメタリックなblue0greenです。 これらの虫は、ハムシ、さまざまな甲虫の幼虫、蛾の幼虫の有用な捕食者ですが、植物をも食べます。 この種はユーラシア大陸と北アメリカに存在します。

その自然の生息地は、湿原、ヒース、湿った草地、森林の端の低植生で構成されています。 サバイバルのヒント:それは小さくて速く、捕食者です。

 

 

↓↓↓↓ ダウンロード先 ↓↓↓↓

World of insects →https://www.minecraft.net/ja-jp/pdp?id=b9e15872-3359-4983-938a-5dd9bcbe046a

個人的感想

この世界は、昆虫好きには最高のサバイバル生活を与えてくれますねw

クワガタの大きさには正直びびりました。

2cmくらいの身長の虫の視点で疑似体験できるような感覚は素晴らしい。

蜘蛛や鳥、ムカデなどの脅威なども改めて感じました。擬態とか、ほんと命を守るためには必要なものだと心から感じました。

 

是非、虫好きのみんなやりましょう!!

 

 

はじクラ☆もっち

 

可愛すぎる!ペットにできるワールド『MOB・PETs(モブペット)』はコチラ

About はじクラ☆もっち 100 Articles
3児パパ。2013年に海外PC版マインクラフトと出会う。 同時に「はじめてのマインクラフトブログ」を開設。 2015年に『【Minecraft】天空の城ラピュタの世界を作ってみた』にて一世風靡。 それ以降、多々マインクラフト関係の書籍に協力、執筆を行っている。 そして、2017年、8月。 『はじクラ☆』はじめてのマインクラフトHP版 を立ち上げ、管理者となる。